CBS通信 5月のコラム

激しい気温差に肌はお疲れモード
日差しの暖かい初夏は、代謝が上がり、じんわり汗ばむことも多くなってきます。
しかし、まだ昼と夜との寒暖差は大きく、肌にとっては過酷な環境で肌トラブルも多くなる傾向にあります。
あまり汗をかいていないつもりでも、皮脂がたくさん分泌され肌に汚れが溜まりやすいことも…。
また季節の変わり目は、皮脂バランスの崩れや紫外線の影響が出始めるなど、肌トラブルが起きやすくなります。
そんな5月こそスキンケアの基本「洗顔」を見直すタイミングです!
今回はこの時期の肌にぴったりな洗顔アイテムやおすすめのお手入れ方法をご紹介いたします。
<クレンジング>医薬部外品処方
薬用 クレンジングジェルEL
180g 定価 3,300円(税込) 3,000円(税抜)
しっかりした洗い心地の油溶性のクレンジングジェル。
肌コンディションを整えながらメイクや毛穴の汚れをしっかりオフ!
「グリチルリチン酸2K」配合で、肌荒れ・ニキビも防ぎます。
<ご使用方法>
乾いた手にサクランボ1個分(約4g)の量をとり顔全体にのばし、
マッサージしながらメイクとなじませます。
指先が軽くなったら、ぬるま湯でじゅうぶんに洗い流します。
※お風呂でのご使用はお避けください。
<洗顔料>医薬部外品処方
薬用 クレンジングフォームEL
110g 定価 2,750円(税込) 2,500円(税抜)
角質中の潤いを残したまま、優しく洗い上げる洗顔フォーム。
少量でもたっぷり泡立ち、なめらかでキメの細かいクリーミィな泡が、ふんわりと肌を包みます。
<ご使用方法>
手に1cm程度の量をとり、水を加えてたっぷり泡立てます。
泡を転がすように顔全体を洗いぬるま湯でじゅうぶんに洗い流します。
※泡立てネット等をお使いいただくと少量でたっぷり泡立ちます。


手に1cm程度の量をとり、水を加えます。
空気を取り込むよう意識しながら泡立てます。


泡立てネット等を使うと、
少量でたっぷり泡立ちます。


弾力があり、キメの細かい
モコモコ泡のできあがり。


泡をころがすように顔全体を洗い、
ぬるま湯でじゅうぶんに洗い流します。
肌ゆらぎや乾燥による肌荒れも・・・。
油断大敵!!「セラミド」不足に要注意
5月は真冬と同じくらい乾燥していることをご存知ですか?初夏の爽やかな風は、実は肌にとって乾燥の原因となります。毎日のお手入れも洗顔後は化粧水、乳液、クリームでしっかり「保湿」は基本!しかし、ぽかぽかした陽気に油断して、乾燥対策をおろそかにすると、バリア機能が低下し、肌トラブルを招きます。
「バリア機能」とは、肌内部の表面の角質層が外部からの刺激や異物の侵入から肌を守り、水分が逃げないようにする役割のこと。肌のうるおいを保ち、バリア機能の強化に必須の成分が「セラミド」です。
セラミドは角層細胞間のすき間を満たしてうるおいを保ち、外部刺激から肌を守る、肌のバリア機能の要となっているのです。
「肌荒れやカサつきをくり返す…」「ずっと使っている化粧水が合わない」「肌に衣類がこすれるのが気になる」…
このようなお悩みを抱えた方へ、「セラミド」配合アイテムでのケアがおすすめです!
<クリーム>医薬部外品処方
薬用 クリームEL
45g 定価 4,070円(税込) 3,700円(税抜)
乾燥肌をしっかりケアする仕上げ用保湿クリーム。
贅沢に配合されたセラミドが、肌を内側から強化。
肌自体の保水能力を回復させ、水分・油分バランスのとれたしっとりやわらかな肌へ。
<ご使用方法>
化粧水・美容液で肌を整えた後、顔・首筋になじませます。
乾燥が気になる部分には重ねづけをしてください。

  • サロン専用オンライン

  • 製品一覧

  • 講習会のご案内

  • 商品動画一覧

  • 紹介制度

  • インターネット上でのご購入

  • サロン様へのお願い

  • イナースオーガニック

  • プラセレブ

ページのトップへ戻る