CBS通信 8月のコラム

夏真っ盛り、肌悩みが増える8月
コロナ禍も2年目に突入、マスク擦れのダメージも加わってシミのリスクがますます上がってしまう季節です。
自粛生活が続いて外出が減り、紫外線を浴びることも減ったはずなのに、シミが気になるという人が増えているという現状が明らかになりました。
そんな今だからこそシミの原因を知って、きちんと予防・対策をして夏肌美人を目指しましょう♪
今回はこの夏に特におすすめのアイテムやお手入れ方法をご紹介いたします。
日焼け
地球と太陽が最も接近し紫外線量が多くなる夏。しっかり対策したつもりでも日焼けしてしまった…なんてことも。
UVA(紫外線A波)は真皮層まで到達して、シワ・たるみの原因に。UVB(紫外線B波)は肌表面を炎症させ、肌を守ろうと働いたメラニンがシミの元となるのです。
ニキビ・吹き出物
夏は高温多湿で皮脂が多く分泌されるためニキビや吹き出物に悩まされやすいといわれています。
紫外線を浴びると毛穴周りの角層が厚くなり、ニキビや吹き出物の原因となる毛穴づまり(コメド)が出来やすく、特に汗や皮脂の分泌量が多いTゾーンは注意が必要です。
乾燥・かゆみ
乾燥といえば冬のイメージですが、発汗・エアコンの風・紫外線など夏も乾燥し、インナードライ肌になりやすい要因が多くあります。
ベタつきを避けて保湿ケアも手を抜きがち。
乾燥した肌はバリア機能が低下し少しの刺激で赤みやかゆみ等の肌トラブルが起きやすくなってしまいます。
ベタつき
皮脂が肌表面の水分と混ざることで皮脂膜を形成しバリア機能を担います。
しかし高温多湿の影響で皮脂が増加するとベタつきの原因に。
また、肌が乾燥すると水分量を補うために皮脂が分泌されます。
マスク内の「蒸れ」
    &
マスクによる「摩擦」
日常的なマスクの着用・テレワークの普及で
メイクにかける時間が減る、またはしない日も。
アンケートでは約6割の女性が「メイクの頻度が減った」と回答。
主婦が25%と一番多く、次にパート・アルバイト、社会人と続き、年代別で最もメイクの頻度が減ったと感じているのは50代のようです。メイクの頻度が増えた人は7.6%と、職業・年齢に関わらず減少傾向にあります。
メイク頻度の減少をきっかけにすっぴんで鏡を見ることが増えた人は多いのではないでしょうか。日々のマスク着用も相まって肌状態の変化には敏感になっているはず。
コロナ禍に見直しを行った化粧品は?というアンケートで最も多く見直されていたのは化粧水で14.7%。スキンケアとメイクにかける金額が減り、肌荒れ防止の化粧水など、目的に合った選び直しを行ったと考えられます。
また、40代、50代の女性は美容液やクリームの見直しを他の年代より多く見受けられ、より保湿や入念なスキンケアへの関心が高いようです。
引用元:infoQ by GMO「コロナ禍の化粧品やスキンケアの変化したニーズを調査!消費者が今求めるものとは」

30代後半~50代の女性にできやすいとされ、その中でも妊娠や経口避妊薬の服用、更年期に入ったのをきっかけに発症するケースが多いと言われています。
逆に、出産後に自然と薄くなった、経口避妊薬の服用を中止したら消えた、閉経のタイミングで改善されたというケースも多いことから、肝斑は「女性ホルモンのバランス」が関わっていると考えられています。
また、不規則な生活やストレスなどに起因して女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことがきっかけとなって肝斑を発症するケースもあります。
このように、体の内面の変化による影響が大きいため、一般的なシミに対して効果がある美白スキンケア化粧品などでは改善が難しいシミと言えます。

炎症や刺激に弱い「肝斑」
肝斑は、十分な紫外線対策を行わないままでいると濃くなってしまうことがあり、紫外線が直接的な原因ではなくても、美白美容液などで紫外線対策をしっかり行うことが、肝斑の悪化を防ぐ大切なポイントです。
また、摩擦などの刺激も肝斑を悪化させる原因となります。意識的に刺激を避けることも肝斑ケアには大切はポイントです。

体の内側外側の両方から
ケアが必要になってくるのが肝斑なのです

肝斑の改善薬としての効果が認められている成分
医薬部外品 美白*有効成分
トラネキサム酸
肌に紫外線を浴びると、メラニンをつくりだす「メラノサイト」と呼ばれる細胞から、メラニンの生成を命ずる指示がだされます。
トラネキサム酸は、その情報伝達物質のひとつである「プロスタグランジン」などをブロックし、メラニンの生成を抑えます。
さらに抗炎症作用によって肌荒れを予防し、シミやニキビ跡のケアに最適です。

*美白:メラニンの生成を抑えシミ、ソバカスを防ぐ
トラネキサム酸と女性ホルモン
経口避妊薬の服用や妊娠、閉経などとの関わりから、肝斑の発症には女性ホルモンが大きく影響しているといわれています。
ただし、トラネキサム酸の作用メカニズムは、この女性ホルモンの乱れを修正するものではありません。
メラニン発生の要因のひとつと考えられる、メラノサイト活性化因子「プラスミン」をブロックし、肝斑の原因となるメラニンの発生を抑制することで、肝斑を薄くする作用があると考えられます。
これまでの研究からも、トラネキサム酸は女性ホルモンへ直接影響を与える成分ではないと考えられています。

トラネキサム酸は人工合成されたアミノ酸の一種。
炎症を引き起こす「プラスミン」を抑制する「抗プラスミン作用」を持っています。
もともとは抗炎症薬や止血剤として医療の現場で薬として使われてきましたが、じんましんの治療として処方した際に患者さんシミが消えたという声が上がったことをきっかけに臨床試験が進められ、シミ・肝斑の改善にも効果があることが発見されました。
古くから医療用医薬品として使われてきましたが、2002年に医薬部外品の有効成分として認可がおり、現在は市販の薬用化粧品にも配合されています。

アルピニアホワイト
アルピニアカツマダイ種子エキス
近年、人間には「メラニンを作らなくて良い(作るな)」という「PLD1シグナル」と呼ばれるブレーキシステムがあることが発見されました。
中国伝統植物アルピニアカツマダイの種子エキスである「アルピニアホワイト」はPLD1シグナルを著しく活性化する作用があるため、強い美白作用が期待できます。

  • サロン専用オンライン

  • 製品一覧

  • 講習会のご案内

  • 商品動画一覧

  • 紹介制度

  • インターネット上でのご購入

  • サロン様へのお願い

  • イナースオーガニック

  • プラセレブ

ページのトップへ戻る